遺伝的にできやすい人もいるそばかすの原因と対策は

「そばかす」は目元の周りや鼻の周りなどに散らばってできるのが特徴で、顔以外にもできる場合があります。遺伝的にできやすい人もいるため、日頃のスキンケアに注意する必要があります。

メラニンが肌の「黒ずみ」「くすみ」の原因

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれ、シミよりも小さなサイズで散らばってできるのが特徴です。10代などの若い年齢でできるそばかすは、年齢と共に薄くなることもあります。しかし、大人になってからのそばかすはなかなか消え辛いのもポイントです。

原因は「メラニン」が皮膚の表面に浮かび上がってくるからで、シミとの違いは遺伝性の強さや、年齢による消えやすさの違いにあります。メラニンは有害な紫外線から肌を守るために重要ですが、過剰に分泌され、肌のターンオーバーが順調にいかなければ「色素沈着」をおこし、「シミ」やそばかすになってしまいます。そばかすができやすい人は体質的に色素沈着をおこしやすいため、肌の生まれ変わりを活発にすることが重要なのです。

紫外線対策だけでなく、肌への刺激を避けるのが基本

シミは「紫外線」が主な原因ですが、そばかすの発生にも影響を与えています。「肌への刺激」が強ければそれだけメラニンの生成が促進されてしまうため、日頃から紫外線を防止する習慣が大切です。
また、肌のこすり過ぎや肌に合わない化粧品の使用も肌に負担をかけてしまいます。肌へのストレスを避けることがシミとそばかすの両方を防止するのです。「ストレス」や「タバコ」も肌の生まれ変わりを妨げてしまうため、なるべく避けるのが重要です。睡眠時間も十分にとり、肌の生まれ変わりを促してあげることも基本になってくるのです。

ビタミンを積極的に摂取する

食生活では、適度に野菜やフルーツを取り入れ、「ビタミン」を積極的に摂取することが重要です。特に重要なのがビタミンCで、メラニンの活性化を抑えるなど美白にとって大切な役割を果たしています。「ビタミンC」は体外に排出されやすいため、毎日摂取するように心がけるのもポイントです。

「ビタミンE」には新陳代謝を活性化する働きがあるため、そばかす防止に欠かせない栄養の一つです。このビタミンEは油に溶けやすい性質があり、アーモンドなどのナッツ類やゴマに多く含まれています。油を加えることで上手に摂取できるビタミンもあるため、程よく植物油を取り入れることも大切です。日常的に気を遣うのが難しい場合は、美白サプリなどで上手に補うのもポイントです。

まとめ

そばかすは遺伝性によっておこりやすく、顔以外にも出る可能性があります。原因となるのはメラニン色素の過剰分泌のため、紫外線を避けることや肌のターンオーバーをしっかりと機能させることが予防法になります。しっかりと栄養を取って睡眠を十分にとることも大切で、より効果を実感したいのであれば美白サプリを使ってみるのも方法です。