ほうれい線の原因とほうれい線を消す方法

ほうれい線の原因となるのは、表情筋の衰えや肌自体の衰えなどによって引き起こされるたるみです。年齢以外にも疲れやストレスで肌の代謝が進まなくなり、ほうれい線が目立つケースもあります。顔のたるみ対策をしっかりして、ほうれい線を目立たないようにしましょう。

ほうれい線は肌のたるみが原因

ほうれい線の原因は肌のたるみです。年齢を重ねることで表情筋が衰え、たるんでしまうのが主な原因になります。他にも肌の代謝が上手く進まずに肌のコラーゲン生産量が少なくなり、肌からハリが失われてほうれい線が出る場合もあります。

年齢を重ねるとほうれい線が目立ちやすくなるのは、加齢により表情筋が衰えやすくなるためです。加齢が進むと肌の代謝も進みにくくなるため、若いうちから対策をしてほうれい線対策をしっかりしておくことをオススメします。

顔のたるみが改善するとほうれい線はかなり目立たなくなります。顔のたるみは表情筋だけでなく、紫外線や肌のターンオーバーが原因になることもあります。そのため普段からしっかりと紫外線対策をし、栄養バランスの良い食生活と十分な睡眠を取るように心がけましょう。ダイエットをする時も、食事制限をするのではなく、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えることで、肌にも健康的に痩せることができます。

ほうれい線の改善には保湿が重要

ほうれい線を消すには、表情筋を鍛えること。そして保湿などのスキンケアをしっかり行うことが重要です。顔の筋肉を動かして表情筋を強くし顔の皮膚を引き締める。そして、スキンケアで肌の代謝を良くすることでほうれい線を目立たなくできます。

表情筋を鍛えるには、「あいうえお」を少し大げさに口を動かしながら発音するのが効果的です。バランスよく表情筋が鍛えられるだけでなく、口の内部の筋肉も使うことができます。顔のたるみは顔の筋肉以外の筋肉も重要です。

ほうれい線が気になる場合には保湿と保温にも気をつけましょう。洗顔後は肌の水分を保つ皮脂が少なくなっているため、乾燥しやすくなります。乾燥するとたるみ、シワ、ニキビなどの原因になるため化粧水や美容液を使うなどして、しっかりと保湿ケアをしましょう。

姿勢の悪さもほうれい線の原因に?

ほうれい線の原因である顔のたるみは顔の筋肉の衰えだけが原因ではありません。肩こりなどで血行が悪くなることで頭の血行も悪くなるため、顔のたるみの原因になります。そのため、ほうれい線で悩んでいる場合、顔のスキンケアやエクササイズだけを考えるのではなく、普段の姿勢なども見直すことが大切です。日ごろからスマホやパソコンを利用していると、うつむきがちな姿勢が癖になってしまう場合があります。猫背気味の場合も血流が悪くなるため、背筋を伸ばすことを意識します。

座っている時間が長い場合は、クッションを使って座り心地自体を変えるなど、体に負担がかからないようにしましょう。普段から肩こりがひどい、冷え性気味の人は意識的に体をほぐすようにしましょう。お風呂にゆっくりとつかって、体をほぐすと血行が良くなります。その状態で表情筋のエクササイズをするのもほうれい線対策としてオススメです。また、定期的に軽い運動をすることで全身の血行も良くなるため、負担のない程度でジョギングなどの有酸素運動を始めるのもオススメです。